ED治療で処方される内服薬と副作用について

ED治療で処方される内服薬と副作用にフォーカス!

 

診察によって病院でEDと診断されれば、高血圧・糖尿病・心臓病などの治療薬を服用していなければED治療薬が処方されます。

 

主な治療薬は以下の通りです。

 

バイアグラ

バイアグラは(シルデナフィル)は、1990年代前半にアメリカで狭心症の治療薬として研究開発がはじまりました。
しかし臨床試験では、あまり狭心症に対する効果がみられなかった事から、
治験者に中止および薬の返却を求めた所、彼らがその返却を出し渋るようになり、その理由を尋ねた所、

 

一応に陰茎の勃起効果が見られた事から、急きょED薬として、発売されるようになった経緯があります。

 

そして1998年にアメリカで販売開始されるやいなや、『夢の治療薬』として爆発的な人気商品となり、日本でも個人輸入業者によって、簡単に入手出来るようになりました。

 

しかしその一方で、2000年代にかけて副作用や、偽物商品の流通による死者も出るようになり、一時期社会問題にもなりました。

 

また日本では1999年1月25日に製造承認を経て、3月23日からファイザーから正式に販売されるようになり、医師の処方のもと、手に入れる事が可能になりました。

 

さらに2014年(平成26年)5月に、バイアグラの成分特許が切れたので現在は、後継薬の「ジェネリックバイアグラ」が発売・流通されています。

 

主なメカニズムは、環状グアノシン一リン酸(cGMP)の分解を司る5型ホスホジエステラーゼ (PDE-5) の酵素活性を除去する事で、陰茎内の血管を拡張させて、それに伴い海綿体に大量の血液が流れ、EDが改善するメカニズムになっています。
(基本的には他のED薬も上記の作用目的で製造されています。)

 

バイアグラの副作用に関しては、ほてり、充血、頭痛、動悸などです。
もともとは狭心症の治療目的で研究開発された薬である為に、血圧の急激な低下に伴うショック死になる危険性があるので、
狭心症に罹患している場合に、ニトログリセリンなどの硝酸エステル系薬剤と一緒に服用する事は、より症状が悪化する場合があるので厳禁です!

 

レビトラ

レビトラは、ドイツのバイエル薬品が開発したED治療薬です。2004年に日本でも承認を受けて、販売開始されたお薬です。
(バイアグラに続く世界で2番目に登場したED治療薬です。)

 

最大の特徴は、バイアグラに比べて水に早く溶けるので、体内に吸収されやすく、さらに効果の持続時間が非常に長い点です。
(レビトラの持続時間は5~10時間。一方のバイアグラは5~6時間です。)

 

さらにバイアグラのように食事の食べる量に影響されにくい点にも注目です。
当然空腹時の方がより早く効果が出るのは勿論の事ですが、食べすぎなければ、満足の行く効果を得る事が出来ると実証されています。

 

副作用としては、ほてり、充血、頭痛、目の充血、動悸などがあげられます。
(よって上が170mmHg以上の高血圧の方は服用禁止です。)

 

シアリス

日本イーライリリー株式会社のED治療薬です。2007年7月31日から製造販売承認がおりて、販売されています。
(国際的には2007年よりも以前の2002年10月に販売されています。)

 

効果の有用性が36時間と、バイアグラやレビトラよりも非常に長い36時間までの有効性が認められています。
さらに食事の影響を受けないのも特徴です。

 

その為に愛好者も多く、2013年8月には、ED治療薬に占める全世界の割合が42%にもなり、世界1位を獲得した実績のあるお薬です。

 

副作用としては、ほてり、充血、頭痛、消化不良、筋肉痛、背中の痛み、足の痛みなどがあげられます。
(こちらも170mmHg以上の高血圧の方は服用禁止です。)